2006年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2006.09.27 (Wed)

プレゼント?

ブログも滞りがちで、どーもすいません。
キマコナの歯石取りも無事済みました。


しかし、キマコナを病院に預けて一緒に連れて行ったプラナを公園で遊ばせている時に発見してしまいました。(__;)

ダンボールに入れられ、片頬が血で染まってました。もしかしてカラスに??
見てしまったものは


連れて帰るしかないです。血だらけだし。

cP9260010.jpg


cP9260011.jpg


cP9260013.jpg


プラナ、クンクンまでいいけどその後カゴをひっくり返そうとしたし、最後は出ているタオルをカッパいて子猫を埋めようともしました。(-_-;)

傷の具合もよく分からないのと体温が高目そうなので、キマコナの迎えのときに子猫も連れて行きました。

鋭利なもので刺したような穴があり内部が化膿しているとのことで、注射器みたいなものを差込洗浄。大声で鳴いていました。

cP9270039.jpg


急ごしらえのハウスを作り、縫いぐるみを入れてあげるとかなり安心した様子。
cP9270036.jpg


プラナはあんなふうですが、キーマは怖くて近づけず。コナンは興味津々。
今日は粉を溶いたフードを少し食べてくれた。プラナが狙っているのでご飯もあげづらい。
スポンサーサイト
15:18  |  迷子  |  トラックバック(0)  |  コメント(11)

2006.09.22 (Fri)

その後のその後

プラナ復活後、キーマの口が腫れました。(´Д`)
画像ありませんが、寝転んでいるキーマの口の脇から変な物体が出てるのを発見してダンナに通報。ダンナの調査の結果その物体は唇と判明。
私は赤いスライムかと思っていました。(-_-;)

翌日病院行き。
考えられるのは虫刺され、或いは犬歯が当たったまま昼寝したとか。(?)
炎症止めの注射を1本され、夕方には何とか小豆大まで腫れが引きました。

で、もうすぐキマコナの誕生日。
プレゼントに歯石取りの予約入れてきました。( ̄  ̄;)

私の方はトール教室のお友達でランチ。
里山の中腹にあるレストラン『桜坂』
aP9210015.jpg


席はカウンター式で12席。完全予約制。
大きな窓からの景色は雄大。と言っても田んぼと茶畑。
aP9210022.jpg


お箸で頂くフレンチ懐石。画像はデザートのミントシャーベットと特産の柿のムース。
aP9210036.jpg

00:46  |  パピヨン  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)

2006.09.13 (Wed)

プラナその後

aP9110005.jpg


とっても元気です。
今のところ性格の変化は見られません。(__;)

術後1日目に挨拶にお友達のところに行ったお話を書きましたが、2日目にも行きました。
とりあえず近所を散歩させようかと思って出したところ、前の日に行ったお友達の家とは反対方向にずんずん。引張りが強くて傷が開くのではと心配するほど。

で、着いたところは別なワン友さんのお家。玄関前まで引っ張られ行きましたがワンの鳴き声もせず留守のよう。プラナは私を振り返りあれ?っていう感じでした。
でも、そこへ散歩から帰ったお友達が現れてプラナ大はしゃぎ。やっぱり報告?した様子。(__;)

何とも不思議な行動で、ただの挨拶ならいいけどこれから具合が悪くなる前の別れの挨拶??かなんて深読みしてしまいました。><
それで、昨日が3日目。今日はどこへと興味津々でしたが、玄関で誘っても行きたがる様子無しで部屋でボール遊び。
・・・もしかして、お友達ってふたりだけ?? プラナも飼い主同様友達少ないのね。(-_-;)

14:47  |  パピヨン  |  トラックバック(0)  |  コメント(12)

2006.09.11 (Mon)

プラナ術後2日目

aP9090002.jpg

歯肉炎から脇の歯がグラグラしていて、それを抜く&歯石取りに加えて懸案事項の避妊手術をしてまいりました。で、メインは避妊と言うことになりやる前からドキドキでした。(ダンナの心配は性格が変わるんじゃないかということ。><)
写真は夕方迎えに行った時、昼からの手術を終えまだポワンとして看護士さんに抱かれてやってきたプラナ。あまりにぽわんとしていたので、私も性格が変わったのかと思いました。

aP9090005.jpg

その晩は麻酔がまだ残っているので、食事水共に禁止。しかし、ついついヨーグルトとヤギミルクとササミをやってしまったぁぁ。(__;)
写真は戻ってきたプラナを心配?して前に陣取るキーマ。(-_-;)

とにかくその晩は辛そうでした。プラナの場合一緒の部屋で寝ているので、あまりに伝わりすぎこちらも辛かったです。
ベッド脇のキャリーに寝ていたはずなのに、私のベッドに乗っていたりでヒヤヒヤ。

次の日も殆どキャリーで過し家の中は暗い雰囲気に。具合の悪い子がいると全員暗くなりますね。
しかし、その間も食事だけは完璧。外トイレなので庭に出すと、やっとオシッコをしました。で、その後は動かないので抱いて戻ったり。

それが、夕方のお散歩時コナンの散歩を終え次はキーマと思ったら、プラナがフラフラと玄関に。何やら行きたそうなので連れ出すと、すたこらさっさとお友達の家に直行! かれこれ1ヶ月以上会えなかったお友達のママに縋って報告?をしました。

で、今朝はボールにも手を出すがお腹が気になって持続せず。代わってキーマがプラナと同じ遊びを爆発。もしかしてプラナの弱りを知って、トップに躍り出ようとしているのかも。><

明日3日目は病院で注射をして、さらに1週間後に抜糸の予定です。
今回麻酔はもうすぐ7歳と言うこともあり心配しました。それと、朝預けて手術は午後なので、それまでの時間、絶対に置いて行かれたとプラナが思い精神的に参るのではないかと思いました。(実際、迎えに行った時プラナの鼻周りが濡れていて泣き明かしたのかと思いました)

手術はキーマやコナンもやってきたことですが、まだ小さかったゆえ私との繋がりもプラナまでは行っておらず、今回までの心配はしなかったような気がします。・・・って言うか、3年前だというのに忘れかけていました。><
私への教訓。こういう手術は若いうちにやっておこう。(__;)
14:02  |  パピヨン  |  トラックバック(0)  |  コメント(16)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。