2012年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.06.29 (Fri)

異常食欲?


[広告 ] VPS


症状の一つかも。。。いや夏を乗り切るには必要か?
でも、キーマでさえ食べないのに。。
スポンサーサイト
16:57  |  暮らし

2012.06.27 (Wed)

いろいろあるね。。。

昨夜はパニックだった。

みんな寝るよ~~って時に、キーマが突然あっち行ったりこっち来たり

サークルに飛び込んだりと動きが変!

何かお尻の方を気にしているようにも見え
捕獲して、虫でも着いたのか確認しようとしたが暴れる。
そのうち、首も振る。

あ、もしかして

耳の中に虫!?
プラパパの応援も頼み、ライトを当てたら

血が!!!

こりは大変!
もしかしたらムカデとか入ったのか?
もう、私じゃ見れません。。。プラパパお願いと言っても
なんか役たたず。涙

こうなったら、水責めだーーーと
お風呂でシャワー。
暴れるキーマと一緒に私もずぶ濡れ。。。
で、タオルドライしていたら、手に何かが引っかかり

・・・・芝の枯れた茎でした。

たぶん、その先端が耳を傷付けた模様。
はぅ、虫で無くて良かったけど、キーマの耳って垂れている割にいろいろ入るね。

IMGP0287.jpg

話変わって、プラナ。

可哀想なことをしました。
一週間ぐらい前の朝、左目が赤い。
う~~~ん、悩むよね。
すぐにでも、病院に連れて行ってあげたいけど、、、
どこ行く?汗

仕方なく、前回尿検査を勧められたところへ行きました。

で、その日は普通の日。
なんとなく嫌な予感。
9時チョイ過ぎに行ったけど、誰もいない。
マメ皿もらって採尿、そして眼の診察。

眼の診察、、、眼圧測ったり、傷を調べたりは普通だったが
おもむろに取り出したピンセント!

何をするのかと思えば
瞬膜を摘もうと!!!
嫌がるプラナ。
そこにピンセント!!!

あぶないでしょ!
そんなんが刺さって、もっとひどくなったらどうするんだ!?

と、母はオロオロ。
やめてくれ~~と心でさけんだところで

これ以上は無理だなと、ぶつぶつ言いながら諦めた。

はぁ~~~~><

ほんと、辛い目に合わせてしまいました。
守ってあげなければいけないのに。。。

傷はこすったようなもので、角膜が一部ピラピラしているとか。
先生、点眼麻酔で剥がしたいそうな。
もちろん、断りました。

ほんと、すまんことしました。プラナさん。
で、その病院、尿検査の分析に時間が掛かり昼近くまで。。。
いったい何をどうしているのか分かりませんが、お値段も5倍近く!涙
その日の午前中の患者はプラナのみ。さもありんですね。><

IMGP0208.jpg

転勤って嫌だって強く思った日でした。

IMGP0206.jpg

納豆おろし蕎麦、大好物です。笑
11:56  |  健康

2012.06.18 (Mon)

ちょこっとドライブ。

下に見えるところ、世界遺産?
IMGP0485.jpg

わぁ~~~と思って下りて行ったら、意外と合掌造りって少ない。。
少しでもそれらしいところで写真を。
IMGP0471.jpg

その前に寄ったところ。
荘川。
お蕎麦の産地らしい。
IMGP0414.jpg

その前に寄った道の駅でお蕎麦食べたけど、抜群の美味しさ!!!!
また行きたいっ。。。。

ここも、お蕎麦屋さんがあって、食べなかったけど前庭が芝生。。。汗

すいません。
遊ばせてもらいました。
IMGP0435.jpg

で、話変わって

我が家はまだ狂犬病が済んでいません。
岐阜での病院もまだ思案中。

なので、3匹それぞれ一軒づつ行こうかと(偵察)思って。。。

最初の病院ではコナン。
ついでに、プラナのクッシングのことも訊いてみました。
(2匹飼いで、プラナは狂犬病の接種時期は8月という設定…汗)

今までの検査結果を話しまして、、、
先生が言うには
クッシングの場合、殆どがALPの数値が高くなり、副腎の肥大が見られる。
プラナは尻尾やお腹の毛が薄くなっているが、クッシングの可能性は低い。また、抜け始めるとどんどん体全体に及ぶ。

今のところそれがあまり見られない。
しかし、多飲多尿が見られるので、その原因を探る必要はあり。
一度尿検査をした方がよいと言われました。

是非!
と、思いましたが、そこの病院で尿検査はエコーを見ながら、膀胱に直接針を刺すとか。。。

う~~~ん、そこまでする必要があるのかと悩み、次回とということで退散。。

とっても、丁寧に説明され尿検査が無かったら通ってもいいかなと思うほど。
どうしたものか。。。

で、12時を過ぎてしまい
次の病院を目指したけど、そこは予約制で掛かれず。
でも、頑張ってどこか受診しないとね。。。


14:40  | 

2012.06.11 (Mon)

ただいま。。。

先週約420kを9時間ぐらいかけて岐阜に到着しました。
着いてみれば、、、草がぼうぼう。
数日は草むしりに追われる日々。あれほど、やっておくようにお願いしたのに。。。
プラパパ曰く、少しはやったとか。
やらなかったらもっとすごいことになっていたとのたまう。

十分過ぎるくらいすごいですから。
3匹ムカデとも遭遇。。。こちらの生活には付き物ですね

で、パン屋も遠い孤島?生活の始まり。
お散歩連れて行けのワンズ。
20120605100806980.jpg

行けば、遊んでくれるのはウサギのちょび。
ありがとう~~
20120605100808981.jpg

これからもよろしくね。
20120605100810264.jpg

ちなみに、プラナは興味がありません。

それから、ネット環境が変わりつつあります。
今までのパソコンが電源入ったり入らなかったりなので、プラパパのお下がりを拝借中ですがメールソフトがよくわからない。。
今までのパソコンメール、今のところ使えませんので、何かありましたら携帯の方へお願いします。

それと、ipad奮闘中。汗
なんだか無理っぽい感じなのがつらいです。

だけど、パソコンのメールが設定できないのは困りものです。。
買い物出来ないじゃないか!
16:30  |  暮らし

2012.06.01 (Fri)

クッシング???

前回のホルモン刺激検査でクッシングが疑われ、朝から絶食で検査を受けたプラナ。

結果としては、、、う~~~む。。でした。

と言うのも

まず、エコーで副腎の大きさを診る訳ですが、肥大しておらず正常。
他の臓器も、特に異常は見当たらず。

レントゲンでも、石灰化の部分等があるかを診ますが、これも正常。

(ちなみに、前日の夕方、腰窓から降りる際、置いてあったマットに足が乗り滑ってお腹か腰を強打!
・・・検査前日も泣く泣く病院に連れて来ましたが、出血等も見られないので翌日の検査でよく診ますってことで、それについても検査してもらいましたが、骨の異常も無くとりあえずほっとしました。)

加えて
通常の血液検査ではすべて正常範囲以内。
クッシングの場合、ALPの値が2000を超えることもあるとかで、かなり数値的にも高くなるらしいです。

プラナの場合
ホルモン刺激検査以外では特に異常が見当たらず、また、苦労して水分摂取量も計測しましたが、それについても、300ml以内であることから(症状のある子は500~600mlも飲む)、3ヶ月後にもう一度検査をしてから薬を服用するかどうか決めましょうと言うことになりました。

プラナの症状としては、尻尾の抜け毛がすごい。
食べているのに太らない。
キマコナに比べて水の飲みっぷりがすごい。これは、ふたりが飲み無さ過ぎるのかもしれませんが。。
異常な食欲、、、ただ、これも以前からなので、もし病気由来だとしたら10年くらい経っているんでは?><
それと、筋力が落ちるということですが、ボールは相変わらずやるが着地の際によろける?ようなことがあり、老化かと思っていた部分がそうなのかも。

疑いが晴れたわけでなく、先生の話では、これが始まりということも考えられるので、今後も注意深く見守ることが必要とのことでした。
膀胱炎や筋力低下、糖尿病を併発しない限り、ステロイドが出ると言うことはすっごく元気な様子に見えるため、病気なのに元気?と思いがちです。最近、プラナ元気すぎじゃね?って思っていたし。。。

この日は、比較するために、プラナと同じ検査を受けたポメちゃんの画像も見せてもらいました。
ガンとみられる肥大した副腎。プラナの2倍近くありました。。
また、膀胱炎や、糖尿病にもなっていましたが、クッシングの薬が高価ということで治療は膀胱炎のみとか。。。

高いと言うことは聞いていましたが、、いったいどんだけ?
何だか聞けずに終わってしまいましたが、奥様は治療を受けさせたいがご主人様が犬にお金は掛けられないとかで。。。。。
そういうことも、ひっくるめて飼うんじゃないの?
可愛いから飼っているんでしょ?

それぞれの事情がありますが、我が家だってどうなることか。でも、そうなったら、プラパパの小遣いは無しだな。><

また、検査の結果から、後日の再検査に決まりましたが
先生から、過度のストレスからこういう症状が出ることがありますとも言われました。

プラナの場合、すべて震災後ですが
突然の実家でのマルちゃんとの生活。私と寝ていたのに、実家ではキマコナのサークルが無いため、私をふたりに取られ、夜は私から距離を置いて就寝(キマコナのそばはイヤ)
分離不安がかなり強くなり、就寝以外はどこへでも付いて行くようになり、ストレスとしては大きいものだったと思います。

最後まで長文にお付き合い下さいましてありがとうございました。
次にこちらでの写真を少し。
11:47  |  健康
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。