2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.06.01 (Fri)

クッシング???

前回のホルモン刺激検査でクッシングが疑われ、朝から絶食で検査を受けたプラナ。

結果としては、、、う~~~む。。でした。

と言うのも

まず、エコーで副腎の大きさを診る訳ですが、肥大しておらず正常。
他の臓器も、特に異常は見当たらず。

レントゲンでも、石灰化の部分等があるかを診ますが、これも正常。

(ちなみに、前日の夕方、腰窓から降りる際、置いてあったマットに足が乗り滑ってお腹か腰を強打!
・・・検査前日も泣く泣く病院に連れて来ましたが、出血等も見られないので翌日の検査でよく診ますってことで、それについても検査してもらいましたが、骨の異常も無くとりあえずほっとしました。)

加えて
通常の血液検査ではすべて正常範囲以内。
クッシングの場合、ALPの値が2000を超えることもあるとかで、かなり数値的にも高くなるらしいです。

プラナの場合
ホルモン刺激検査以外では特に異常が見当たらず、また、苦労して水分摂取量も計測しましたが、それについても、300ml以内であることから(症状のある子は500~600mlも飲む)、3ヶ月後にもう一度検査をしてから薬を服用するかどうか決めましょうと言うことになりました。

プラナの症状としては、尻尾の抜け毛がすごい。
食べているのに太らない。
キマコナに比べて水の飲みっぷりがすごい。これは、ふたりが飲み無さ過ぎるのかもしれませんが。。
異常な食欲、、、ただ、これも以前からなので、もし病気由来だとしたら10年くらい経っているんでは?><
それと、筋力が落ちるということですが、ボールは相変わらずやるが着地の際によろける?ようなことがあり、老化かと思っていた部分がそうなのかも。

疑いが晴れたわけでなく、先生の話では、これが始まりということも考えられるので、今後も注意深く見守ることが必要とのことでした。
膀胱炎や筋力低下、糖尿病を併発しない限り、ステロイドが出ると言うことはすっごく元気な様子に見えるため、病気なのに元気?と思いがちです。最近、プラナ元気すぎじゃね?って思っていたし。。。

この日は、比較するために、プラナと同じ検査を受けたポメちゃんの画像も見せてもらいました。
ガンとみられる肥大した副腎。プラナの2倍近くありました。。
また、膀胱炎や、糖尿病にもなっていましたが、クッシングの薬が高価ということで治療は膀胱炎のみとか。。。

高いと言うことは聞いていましたが、、いったいどんだけ?
何だか聞けずに終わってしまいましたが、奥様は治療を受けさせたいがご主人様が犬にお金は掛けられないとかで。。。。。
そういうことも、ひっくるめて飼うんじゃないの?
可愛いから飼っているんでしょ?

それぞれの事情がありますが、我が家だってどうなることか。でも、そうなったら、プラパパの小遣いは無しだな。><

また、検査の結果から、後日の再検査に決まりましたが
先生から、過度のストレスからこういう症状が出ることがありますとも言われました。

プラナの場合、すべて震災後ですが
突然の実家でのマルちゃんとの生活。私と寝ていたのに、実家ではキマコナのサークルが無いため、私をふたりに取られ、夜は私から距離を置いて就寝(キマコナのそばはイヤ)
分離不安がかなり強くなり、就寝以外はどこへでも付いて行くようになり、ストレスとしては大きいものだったと思います。

最後まで長文にお付き合い下さいましてありがとうございました。
次にこちらでの写真を少し。

【More・・・】

桜の枝は美味しいんだぜぇ~~
DSC00373.jpg

えっ!
そうなの?
DSC00374.jpg

どれどれ
DSC00377.jpg

うまい~~
DSC00379.jpg

食わず嫌いはダメだろ~~
DSC00380.jpg

ワタチはいいです。
DSC00378.jpg

この日は、他にもお友達が来てましたので記念撮影~
DSC00384.jpg


スポンサーサイト
11:47  |  健康
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。