2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.07.06 (Fri)

病気決定。

キーマの狂犬病で様子見に行った病院で、プラナのことも話してみました。
先生、刺激試験でクッシングの数値が出ているなら、また症状としてもいろいろあるなら、一度エコーで副腎を確認したいと言われ、一昨日その検査を受けました。

結果としては、小型犬の基準の大きさを少し超えているくらいだが(左右0.63&0.64ミリ)、パピヨンでこの体格なら十分大きいと。。。柴犬でこのくらいだそう。
てか、副腎ってすっごい小さいのね。汗

飲水量も若干増えつつあるし、お腹もペーパースキンになっているらしい。
ということで、お薬服用となりました。
まずは、少なめの10mg(アドレスタン)から。

効き目は、、、ネットで検索すると
飲水量がぐっと減るらしいけど、そんなに減った感じが無い。(多頭でちゃんと計れていないのもあるけど)
ただ、夕食のときの要求吠えが小さかった。笑

DSC00488.jpg

二週間後にもう一度刺激試験をやり、薬の量を検討するらしい。


思い起こせば
多飲多尿は去年の夏くらいからだったかも。
その時はよく飲むな~~くらいしか思わなかったけど(血液検査でも糖尿はシロだったし)、それも重要なサインだったのね。
その頃は外トイレだったから、間に合わず漏らしたこともあったっけ。。。。
(ちなみに、今はおしっこだけは室内で出来るようになりました)

それと、考えてみれば
食事を待つ間の要求ヒンヒン。
いつの間にそんなに啼くようになったのかなって思うけど、これも異常な食欲のサインだったのかも。

食欲もりもり、元気ハツラツ、しっぽの脱毛が無かったら気付けなかったと思う。それと、最初の病院では、甲状腺しか疑わず検査しなかったし。

DSC00491.jpg

フィラリアの時の血液検査では一番健康だったコナン。
最近は足腰が弱ったから、ボールも二球くらいになっちゃったね。

画像は、初めてコンデジの背景ぼかし機能を使ってみました。笑


スポンサーサイト
11:21  |  健康
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。