2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2013.12.18 (Wed)

土曜日からの出来事(長いです)

只今、コナン絶不調です。

DSC02270.jpg

日曜日のAM2時頃、私の枕元で胃液を嘔吐。よく見ると赤いものが混じっていた。(血なのか食べたものか判断つかず)
その後ムカムカが収まらないのか、外に出て犬草を暴食。

前の晩までなんの予兆もなく突然の嘔吐でした。
朝食は取り敢えずヤギミルクのみ。でも、食欲はあったのでその日は様子見することに決めましたが、昼にあげたご飯と豆腐を吐き戻し。
おしっこはするものの、一日う@ぴは無し。
夕食は欲しがったけど取り敢えずまたヤギミルクのみ。
嘔吐の一日でしたが、室内でボール遊びをしたりで見た目は元気そうでした。

翌日起きがけに嘔吐。
固形物は無く茶褐色の胃液。ここで病院行きを決めました。
先ごろちょっと不安のある岐阜での掛かり付けでは無く、犬山の病院へ。

病院怖いで震えるものの元気はあり。
まず、血液検査。血が少し濃いものの全てクリア。
そして、脱水を防ぐためにラクテックを100ml点滴と、吐いたものに血が混じっているということで抗生剤そして吐き気止めの注射。
絶食絶水で明日また受診。
で、コナンこれが受難の始まり。><

帰ってからなんかぐったり。
疲れが出たのか?
ここで大変なのが、ひとりだけ食事と水をあげられないこと。
弱って食欲が無いのももちろん辛いが、食欲があるのにあげられないこと。でも、他2めいにはあげないといけない。で、他2めいは食事の準備中も要求が激しく静かに用意が出来ない。。。

悩む~~。
で、静かに静かにカゴにフードやその他もろもろを入れて別室へ。
コナンに気づかれないよう顔と手で2めいを誘導。
おバカなキーマ、私の必死のジェスチャーもきょとんとしていたりで苦労でした。
ちなみにプラパパは仕事で家にいません。。。

私自身もコナンの前で食べれず、、、こそっと立ち食い。><

で、その晩のコナン。
いつもは全員私の布団で就寝。キーマが足元、プラナとコナンは両脇って決まっていましたが、その晩は枕元の座布団にいて、夜中2時頃ブルブル震えヒンヒン啼き始め、温めてあげても収まらず。
絶水だったけど薄めのヤギミルクをあげると、外に出たがり寒~~い暗がりの中二日振りにう@ぴ。どちらかと言うと、便秘気味の硬い5センチくらいのを2本。

さっぱりしたのかその後は震えは無くなったけど、抱っこしようとするとキャンと啼く。
その時は、胃に何か出来ていて触ったのかと心配したが、翌日の診察で前日の点滴がお腹に回って違和感があったためと判明。
コナンは吸収が悪く起こったことだったが、ワンによってはそうなっても気にしない子も多いとか。
神経質なコナンには最悪な夜だった。
私も早く夜が明けて欲しいと願うばかりの晩だった。

早く絶食絶水(少しあげちゃったけど)から解放させたくて、翌日は朝一の診察を目指し早出。
それでも、他2めいのこともあるから出れたのは7時半頃。
着いたのは9時に15分くらい前。
開始は9時からだけどやはり病院にはひとが結構いた。
でも、もう診察は始まっているとのこと。びっくりしていたら、同じような人がスタッフに尋ねると、みなさん沢山待ってらっしゃるので時間前でも始めているとのこと。
時間になっても開始しない病院が多い中すごいと感じた。技量は分からないけど。><

ここの病院の不安は毎回先生が変わること。
取り敢えず注射は無しで食欲もあるので胃薬で様子見。その後の様子で次の検査を考えることになりました。

夜中の不調は払拭されたが、はてさて原因は何なのか。
ここのところの気温の変化で、今流行りの胃腸炎も考えられるので、今後下痢等が起こる可能性もあると言われました。

で、飼い主の見解。
プラパパはビビリのコナンにとって驚異だったのではと。。

何が?って。

DSC02262.jpg

実は土曜日、プラナは病院で眼を診てもらいこんなになって帰ってました。><
大昔、キーマがサマーカットで帰った時もコナンはビビって近づけなかったことが。。
まして得体の知れぬものになってプラナが戻って来たんだし、、と。

確かにそれはあるかもしれないが
私としては、その頃無農薬のみかんが沢山手に入り酵素を作ったんだけど、それをあげたせいかもと。
柑橘系があまり得意で無いコナンの胃に負担があったのではと。。

今朝も大丈夫なのかダメなのか判断がつきづらいコナン。
嘔吐は無いけど、外に出たがらない。(いつも我先状態)
室内ボールに参加しない。
キャリーに入ったまま。
食欲はどうなのかと、キャリーの前にフードを落としてみると、気になる様子はあるが食べない。

こ、これは病が重くなった証拠では!?

今回ロイカナの消化器サポの缶詰をもらい、昨夜は必死に食べていたが今朝はどうなのか。
缶詰は止めて、いつものフードに元気が出るように作った手羽中と野菜のスープを少しかけてあげたものを用意。

準備が終わる前から、ヒンヒン啼きながら他2めいとキャリーから飛び出しスタンバイ。
もちろん完食。他2めいの皿までペロペロ。
歯磨きタイムもりんご欲しさでスタンバイ。

ムムム~難しい。
今はヒーターの前で寝てます。
キャリーに入らないだけいいのか。

DSC02269.jpg

体重はここのところで200g減。
痩せなくちゃって思っていたけど、こういうことがあると少しぐらい小太りの方がいいかも。。
薄紙を剥ぐようでいいから良くなって行って欲しい。

最後になりましたが、プラナは以前も傷付けたことがある左眼。
まだ炎症が治らず点眼の日々です。
(割と大きめに白くなっています)

DSC02272.jpg

最後までありがとうございました。






スポンサーサイト
11:16  |  健康
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。