2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2015.02.26 (Thu)

猫の針山

いつの間にか2月も終盤。。
覗いてくれていた皆様どうもすみません。

プラナが病気になってからアメブロにも手を出しましたが、生来のズボラが邪魔をして溢れる記事をアップできません。汗
今後どうしたものか悩んでみたり。。

取り敢えず針山のお話しです。
毎日暇だと思われがちですが、、、引越しから半年も経つのに荷物は片付かず、ちょこっと別犬になったプラナの介護やらで大わらわです。><
そんな中、何年振り??という感じの針山作成。
DSC03186.jpg

前は犬中心でしたが、今度は猫ちゃん。
DSC03198.jpg

モデルはマルや妹んちの猫等々。
みよし市のねこのてさんに置いてもらいました。
DSC03213.jpg

DSC03212.jpg

10年前に住み着いたという看板猫のムーちゃん。
お邪魔した時に2階から悠々と降りてきて、空のご飯茶碗の前で一言ニャーって啼きました。
空っぽだよ、早くしろよってな感じ。
侮れません、猫ちゃん。。

DSC03211.jpg

全員連れて行ったので
その後は愛知牧場へ。

キーマは最近お散歩が不調です。
どこか体に不安があるのか、遠くにワンコがいるとものすごい感じで震えます。まるで発作のように。
どんなワンコにもガンつけていた昔が信じられません。

でも、その日は犬よりも大きいと思われる馬さんに全然OKで、すっごいはしゃぎようでした。
DSC03214.jpg

何が基準なのか分かりません。
我が家で取り敢えず普通に元気なコナン。
DSC03218.jpg

プラナも妹に抱っこされてます。
DSC03221.jpg

緑内障ですが
ある日トルソプトをものすごく嫌がるようになり、無理に点眼するのを止めました。
出来なくなって2週間、病院で眼圧を計ったら低眼圧になっていて、先生からも点眼の中止が言い渡されました。
もう必要じゃないってことがプラナ自身分かっていたのかと。

緑内障の末期は眼球が大きくなる牛眼ですが、末期の末期は房水を作る機能を失い眼がしぼむ眼球ろうだそうで、個体によって経過は様々とか。
プラナの左眼、本当にお疲れ様。





スポンサーサイト
13:32  |  手作り
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。