2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2005.09.24 (Sat)

本当に最後の万博

眠り病の中、昨日行ってきました。
一緒に行ったのはダンナ。
ここに来てハマった妹は、友達行くので別行動。

いつもの電車で着いた名駅。
な、なんと、先日は2台目の先頭に乗れたが、今回は延々と続く待ちの列のため6台目になってしまった。
予想通り混雑は免れない。
あまりの人のため、バスの発車も前倒しの7:10発。
そのせいか、ゲート前並びでは前回より少し後ろ位の位置を確保!!

一方妹組は、朝の3時半に家を出たにもかかわらず、渋滞のため三好を諦め西ゲート付近の民間駐車場に入れて送ってもらい並びの最中とのメール。恐るべし万博。
途中トイレも1時間待ってもまだ入れないと言っていた。

開場も前倒しの8時20分。
足が痛いというダンナを気遣い、眠り病の私がハッパをかける(。>_<。)
(ダンナは会社の玄関で不覚にも捻挫していた)
目的はバザールだが、せっかく早く来れたのでまだ見ていない赤十字。
ベビーカーの人にも抜かされながら、ほうほうのていで辿り着いた企業館前。
あ?まだヒタトヨが並んでいる!!
も、もしかして整理券とやらをゲットできるかも。

赤十字は後回しになり、日立の列に突入。
す、すごいです。
押し競饅頭状態(ノДT)
幾重にも列がくねくねする中、はぐれた子供を探す呼び声、うぅっぷっと、潰され寸前のお年寄り。
阿鼻叫喚の中、油断すると後方に下がって行ってしまうダンナを目で呼びながら、全身汗だくになってやっと頂きました(/--)/
時間は12時半のもの。

で、私たち日立見るの??
ダンナは不幸なお年より夫婦にあげようと言う。
こんなところに来ているお年寄りで、不幸な人はいないってば!
不幸かそうでないか見極められるのか!?
ということで、散々の中、西から入ってドイツ目指した妹にメール。
3人で来た中、2人がまだ見ていないというのでケンカも起こらず話はまとまった。(´Д`)

そんなこんなで、赤十字に着いた時にはすでに3時間半待ち!
諦めかけたダンナを留まらせ、実際には1時間半待ちで見れました。
たぶん、並ばせないために多目の時間を言っているんでしょうね。
赤十字はよかったんですが、音楽が少し大きすぎたのが気になりました。

終わり次第妹にメール。
でも、ドイツがまだ見れてないという。恐るべしドイツ。
メキシコでテイクアウトし、当日予約が出来ればと思い愛知館に直行。
12時でしたが、嬉しい愛知館。
17:30のが取れ、やっと見終わった妹にも整理券を渡せました。

すぐ、クロアチアの行列に並びメキシコのタコス(蟹トーストはお店のみだった?泣)とビールで酒盛り。
次にフランスに並び、最後のスクエァの映像の時にはダンナがこっくりしていました。
で、お目当てのアフリカのバザール。
急に元気になったダンナは狭いところをくねくね歩き、木彫り面をイヤになるほど見て回る。
結局、気に入った顔が無いとかで買わずジマイ。。

エジプトのテラスでまたビール。
一緒に買ったマメのコロッケは激マズ。
ニワトリの飼料かと思った(食べたこと無いですが・・・)

いろいろありましたが(急に端折る私・・・汗)
留守番しているワンたちを思いやり、いつもより早い帰宅をしました。
キーマとコナン、泣き叫び、前足バタバタで歓迎。
でも、一番喜んでいたのはプラナだと思います。

先日の妹との万博(続きを書いていないので大汗)
ダンナが少し早目に帰って夕ご飯食べている時、キーマとコナンはうるさくまとわりついていたらしいですが、プラナだけはじっと玄関で私の帰りを待っていたそうです。
出来ればそういうことの無いよう、早く帰るように心がけたいです(__;)
スポンサーサイト
15:30  |  暮らし  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://yosibexe.blog8.fc2.com/tb.php/73-031590be

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。